【RDTA】 TOKAMAK RDTA by FREAK 【20年12月24日(木)発売】

スタッフ「コバ」 スタッフブログ 商品紹介

ご購入ありがとうございます!

TOKAMAK RDTA by FREAK トカマクRDTA/フリーク

こんにちは!まもなくクリスマスですね。なんの予定もないけどなぜか毎年楽しみなこばです。

商品のご紹介です!

見た目がもう既にかっこいいですね。

仕様

本体 : ss
アトマイザータイプ:RDTA
直径:24mm/22mm
高さ:43.5mm
ドリップチップ : ss,ブラックデルリン
コネクタ:510
重量:44.2g

TOKAMAK RDTA by FREAK トカマック/フリーク

Freakは、IfModsとF-modsを組み合わせた新しく立ち上がったらブランドです。

特徴的な見た目と機能的なスタイル

各パーツは精度を最大限に高めてあり、Oリングでの接続は簡単に外れることのない作りになっています。

というか、箱出しは非常に硬いです。こばはバラすのに一苦労しました。

ドリップチップ、トップフレーム、チャンバーキャップ、PCタンクは全てOリングでの着脱。ビューティリング、ドリップチップのスリーブ変更はスレッドでの固定になっています。

エアホールはトップフロー。直径1mmのホールが開いています。

独創的で美しい切り込みの入ったトップのフレームはエアフローコントロールと一体化になっており回すことで1ホール、2ホールの調整が可能。

エアの量からMTLメインのアトマイザーです。

デッキはシンプルに見えますが通常のコットンウィックビルド以外にもジェネシスビルド、バーチカルビルド(コットンorジェネシス)の4タイプでのビルドが可能

デッキにはセンターホールと並んでジュースホール2つ、リキッドチャージホールの合計4つの穴があります。

センターホール、ジュースホールは付属しているウルテムパーツを脱着させることにより自在に好みのビルドをすることができます。

リキッドチャージホールはチャンバーキャップを被せた際に蓋が閉まる仕様になっています。

また、ウルテムパーツも2パーツに着脱可能なためRDAとしても使用が可能です。

コイル下になるセンターホールはバーチカルの際のジュースホールにもなっていますがこちらもウルテムパーツで塞ぐことができます。

付属パーツの中に1mmのホール付きウルテムパーツと金属パーツがあるため両サイドのジュースホールをウィックで閉じた場合、このパーツを使用することでタンク内圧を逃しながらリキッドチャージをすることができます。

これによりリキッドチャージ時の液漏れを防ぐことができます。

ポストも大きめですので単線はもちろん、クラプトンワイヤーもしっかり固定できます。

また、付属パーツのワイヤーウィックはデッキのリキッドホールからタンクへ差し込みコットンウィックを乗せてセットすることでRDTA独特の傾けて供給や長いコットンを落とさずに安定した供給を実現しました。

ドリップチップは510タイプですが付属のブラックデルリン、ホワイトデルリン、ウルテムの3色で付け替えが可能です。

内容

  • トカマクRDTA×1
  • ドリップチップパーツ(デルリン,ウルテム)
  • 22mmビューティリング×1
  • 予備Oリング,センターウルテムパーツ,センターゴールドパーツ

さまざまな仕掛けと工夫がされており色々なビルドを実践するには1つで多くの可能性を持ったアトマイザーです。

遊び倒して、使い倒して、ぜひ自分のビルドを見つけてください!

ご購入はこちら

ウェブショップはこちらから!

TOP▲