インドネシアって綿が有名だっけ?タイタニウムファイバーコットン【TFC】

スタッフ「コバ」 こんにちは!
スタッフのこば@peanutmonstsandです!
今回は新しいコットンのお話ですよ!

インドネシアの高級コットンブランドTitanium Fiber Cottonが国内で再流通となりました!

インドネシアの綿を採用したタイタニウムファイバーコットン

ベイホクのお客様も既に手に取り、体感していただいている方も多くいらっしゃいます。
供給の良さがRTAに持ってこいのコットンで、多くのレビューにあるように何よりもコットン臭が感じられずビルド直後から美味しく吸える!(個人の感想です)
との声をいただいています。
また、VGが多い硬めのリキッドもこのコットンならRDAで使いやすいのかな?という印象です。(まだ試してませんが)

アパレルの仕事経験のあるこばには高級綿といえばエジプト綿やアメリカのピマなどが有名だったのですがインドネシアはあまり聞いたことがない!

そこでまずはTFCを調べてみました!

TFCを海外サイトからいくつか紹介文を抜粋すると…

特別な17段階の精製プロセスを経て、市場で最高品質の綿を確保しました。
余分な何かを追加することなく、高品質のオーガニックコットン。
100%ピュアオーガニックコットンは、e-juiceの風味を高めます。

1.2メートルから長さ、今1.6メートルに変更。
1パックに2ロール(約4フィート)の綿を衛生的に保つためのパッケージング。
基本繊維は、マイクロ細孔で迅速かつ均等に供給。
より強い耐久性。

最後の滴りまで100%本当の味を再現します。

かなりこだわりがあるようですね!
バージョンアップをしてパッケージが缶からパックに変わり、量も増えたようです。
これは嬉しいでね!

インドネシアの綿についても調べました。

インドネシアの手工芸品として代表的なものの一つに「バティック」と呼ばれるろうけつ染めのジャワ更紗があります。
ジャワ更紗はその名の通り発祥はジャワ島だそうですがそこから職人が移り住み、バリにも根付いたそうです。

一般的にはサルン(腰巻)などとして使われる綿のバティック。
ヒンドゥー教の儀式や正装に使われ、模様によっては王族や貴族しか身につけられないものもあったそうです。
コットンのバティックの中でも糸目が細いもの「プリミシマ」が高品質とされます。

そんなバティック、2009年に世界無形文化遺産に登録されていました。

話は少し逸れてしまいましたがバティックが正装に使われるために、そのコットンの品質には信頼がおけるものがあるようです。

TFCにはその国の伝統と品質が強く影響され、信頼がおけるものなのかもしれません。
ぜひ一度試してみてください!

ウェブショップはこちらから!

TOP▲